コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)

 出来高病棟に入院する患者が他の医療機関の外来を受診した場合の診療報酬の取り扱いをめぐり、日本医師会の中川俊男副会長は6月9日の定例記者会見で、「医療現場の混乱はまだ続いている」との認識を示した。

 入院基本料などを出来高算定している病棟の入院患者が専門的な診療が必要になり、他の医療機関の外来を受診した場合の費用算定をめぐっては、4月の診療報酬改定で、▽患者が入院している医療機関は入院基本料を3割控除した点数を算定する▽外来診療を受け入れた医療機関は、初・再診料のほか、受診日の投薬や注射など診療行為に伴う費用を算定する-などのルールが明確化された。

 このうち投薬などの費用をめぐっては、今回の見直しによって外来医療機関が受診日以外の費用を算定できなくなるなどの混乱が生じているといった指摘があり、厚生労働省は4日付で、外来医療機関がその診療に特有の薬剤料について、受診日以外にも算定を認めると通知した。

 9日の会見で中川氏は、「出来高病棟の入院基本料が30%控除される問題や、包括病棟の入院患者が他の医療機関を受診した場合の投薬などの取り扱いの問題が依然として残っている」と指摘。中央社会保険医療協議会(中医協)で早急に実態把握し、取り扱いを改善するよう求めた。


【関連記事】
他医療機関での投薬、受診日以外も算定可
【中医協】他施設受診の薬剤・注射費用、算定ルールを月内に見直し
地域貢献加算、小児科外来診療料算定時は不可
2010年度診療報酬改定のポイント(3)
【中医協】他施設の外来受診日は入基料3割減-厚労省が通知へ

<猟銃>鳥獣駆除作業中に2人死亡 銃で撃たれた跡 京都(毎日新聞)
区分審理で近大ボクシング部2元部員、対象外事件を認める(産経新聞)
誤ってCO2噴霧、3人救助=マンション駐車場―東京・四谷(時事通信)
今日の1コマ「成功しやすい告白の仕方とは?」2
現役FPが語る「身近なお金の知恵」……まずは積立貯蓄ならどれほどか確認しよう
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

15事業を廃止=経産省の仕分け終了(時事通信)

 経済産業省は28日、省庁版事業仕分け「行政評価レビュー」の3日間の日程を終えた。対象とした計25事業のうち、15事業を「廃止」と判定。2事業を「抜本的に改善できなければ廃止」、8事業を「抜本的に改善」することを決めた。廃止とした事業費の総額は2009年度予算ベースで約96億円と、25事業の予算額のほぼ半額にとどまった。
 また、廃止と判定とした事業の一部には、「真に効果のある支援策を検討する」などと、同じ政策目的の事業を新設する可能性が残された。増子輝彦副大臣は終了後、記者団に「予算を組み替えることはあり得る。有効な使い道をしっかり検討したい」と述べており、捻出(ねんしゅつ)される財源はさらに縮小しそうだ。 

【関連ニュース】
経産省、5事業を廃止=省庁版仕分け2日目
参院選への不安相次ぐ=普天間迷走が要因
初日の経産省、6事業廃止=府省版仕分けスタート
事業仕分けの結果(25日)
「安価、便利なサービスを」=裁判関連でも仕分け

携帯ロック解除、来年4月=義務化は見送り―総務省指針案(時事通信)
オウム主流派「アレフ」が取得不動産を未報告 公安庁が指導(産経新聞)
「エクスキューズ・ミー」突然被告の口から… SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
富士通、モモエリがデザインしたネットブック、ハートとピンクでデコレート
社保事務所元職員が残業代支払い求め国を提訴 大阪地裁堺支部(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。